ダイエットノウハウ集 要点まとめ

diet

なぜリバウンドしてしまうのか?

せっかく努力に努力を重ねてダイエットが成功したとしても、9割の人がリバウンドしてしまうそうです。

人間の体は、ダイエットで食事制限をし、体内に食べ物が入って来ない状況が続くと栄養が足りない状態だと認識します。
そしてこれが続くと「ホメオスタシス」という機能が働いて、少ない栄養でも生きていけるように体が省エネモードに入るそうです。

ダイエット中に「ホメオスタシス」が働くと、エネルギーの消費を減らして、一向に体重が減らない停滞期に入ってしまいます。

人間の体がエネルギーの消費を減らさなくても良い、と認識するまでには、個人差もありますが一か月ほどかかると言われています。ですから、エネルギー消費量が元の状態に戻る前の省エネ状態のままで食事の量を元に戻すと、エネルギーが消費されないまま脂肪として蓄積されて、リバウンドにつながるということです。

ダイエットをしてリバウンドしないためには、食事の量を減らすよりも食生活を変えることが大切です。カロリーは同じでも脂肪を減らし、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く摂るように心がけましょう。それと同時に消費カロリーを増やすことが大切です。

消費カロリーを自然に増やすには基礎代謝を上げて「太りにくい体を作る」が参考になると思います。

ダイエットとは、「体重を減らすこと」と「減らした体重を維持すること」のふたつです。体重を維持することは減らすこと同様に大事です。リバウンドを防ぐコツは、自分にあった、長続きできそうなダイエット方法を見つけて習慣にしてしまうことです。

1番簡単(かも?)なダイエット方法

痩せたいけど、食事の量を減らすなんてめんどくさいし、運動なんてもっと嫌、という方にもできる、1番簡単(かもしれない)ダイエット方法をご紹介します。

それは、野菜は最初・ごはんは最後というダイエットです。実践方法は、食べる順番を野菜⇒たんぱく質⇒炭水化物となるようにするだけ。これなら、自分から食事の量を減らして我慢したり、時間を見つけてキツイ運動をする必要もありません。

なぜ食べる順番を変えるだけでダイエットできるのかというと、血糖値に関係があります。

血糖値とは、血液中のブドウ糖(糖分)の量がどのくらいあるかという数値で、この血糖値が急上昇すると「インスリン」という物質が体内で分泌されます。

このインスリンが実は脂肪を蓄える働きを持っているのです。

そのためインスリンの分泌を防ぐ=血糖値を急上昇させない事が大切になるわけですが、食事の一番最初にご飯やパスタ・麺類など炭水化物を食べると血糖値が急激に上がってしまいます。

それを防ぐための方法が、食べる順番を野菜⇒たんぱく質⇒炭水化物となるようにする事なのです。

食物繊維を多く含む野菜を最初に食べることで、そのあと炭水化物を食べても、消化や吸収がゆっくりになるため、血糖値の急上昇を抑えてくれます。それによりインスリンの分泌量も減り、脂肪が蓄えられにくくなるのです。

毎回毎回食べる順番を気にする事は、最初の内は大変かもしれませんが、慣れてしまえばあまり気にならなくなります。我慢して食べる量を減らしたり、キツイ運動を毎日やるのと比べると、格段にお手軽な方法と言えるのではないでしょうか。

食事とダイエットについては↓も参考にしてみてください。

昼ごはんの内容を見直すのもアリ
食欲コントロールは「血糖値」を理解することから

ダイエット終了後の体系維持について

ダイエットしている方の中で、「運動のみでダイエットを実践している」という方はそこまで多くないのではないでしょうか。

大抵、市販のドリンクタイプなどのダイエット食品で1日1食~2食の置き換えダイエットを実践していたり、そこまでしなくても、1日に食べる量を減らしているのではないかと思います。

ではもしダイエットに成功し、目標としていたスレンダーな体を手に入れた時、今まで置き換えや減量によって実現していた低カロリー食は、逆に何に置き換えればいいのでしょうか。

私自身、現在ダイエットを実践しており、今のところ順調に体重・体脂肪が減ってきています。実践方法は有酸素運動(ランニング)がメインですが、それ以外に「置き換えダイエット」にも取り組んでいます。

1日1回夕食をドリンクタイプのダイエット食品に置き換えているため、夕食の摂取カロリーは200kcal以下。
もしこのまま順調に進み、ダイエットの目標を達成した場合、ランニングは続けるつもりですが、置き換えダイエットは終わりにするつもりです。(値段高いので……)

「豆腐に置き換える」、「すごい少量の夕食を頑張って作る」などいろいろ考えてはみたものの、現時点では、なかなかいいアイディアが出てきません。

ダイエットは目標がはっきりしており、実践方法も調べればいろいろと出てきます。ですから、要は「継続」さえできればOKです。

それに対してダイエット後は、「現状維持」という目標はあるかもしれませんが、ダイエット実践時と比べると「やってやる!」という意気込みはそこまでなくなってしまうと思います。

その上、どうやって維持していけばいいのか調べてみても、ダイエットの実践方法と比べ、かなりやんわりとしか内容のものしか見つかりません。

私を含め、ダイエット中の方にしてみればまだまだ先の話ではありますが、ダイエットそのものよりもダイエット後の体を維持するほうが難しいのではないかと思うのです。太っていた時期と比べて基礎代謝が落ちているので太りやすいというのも、現状維持の妨げになります。

そういう意味では、筋トレをして基礎代謝を維持するのがひとつのポイントになるかもしれません。

→→ 筋トレは週2回でも十分効果あり

何かいい方法が見つかったら、当サイトでご紹介したいと思います。