筋トレは週2回でも十分効果あり

筋トレダイエットは、置き換えダイエット等のいわゆる食べる量を少なくするダイエットとは違い、筋肉量を増やすことで基礎代謝量を増やし、また、見た目の引き締まった体を作る事ができるダイエット法です。

基礎代謝については→→ 基礎代謝を上げて「太りにくい体を作る」

ただ、筋トレと言うと、例えば腹筋運動や腕立て伏せであれば「毎日何十回もしないといけない」というイメージがある方もいると思います。私も実際そう思っており、「そんなに続かない。絶対無理。」と思っていました。

しかし、実際のところ、毎日何十回もする必要はありません。むしろ毎日何十回もできてしまう筋トレは、筋肉量を増やすという目的が達成できない筋トレです。

そもそも筋肉は超回復させないと増えません。超回復とは、筋トレを行って疲れた筋肉を修復する際に元の筋肉量よりも増加する現象です。どうすれば超回復を起こす事ができるのかというと、簡単に言えば、筋肉痛になるまで筋トレして、筋肉痛が治るまで十分休む。という事です。

筋肉痛が起こるほどのハードな筋トレをすると筋肉の組織が破壊されます。その後、48~72時間かけて破壊された組織が修復されると同時に元の筋肉量以上の筋肉が付きます。

そのため、まず筋肉痛が起こるほどハードな筋トレをする必要があります。1日に何十回もできてしまうよな軽い筋トレでは、なかなか効果的に超回復を起こさせる事ができません。

筋トレ初心者の方は、例えば腹筋運動であれば、できるだけゆっくりと反動を付けずに、自分ができる限界の回数だけこなしてみてください。おそらく数回~10回程度しかできないと思います。それをできれば2~3セット行ってください。そうすれば、翌日にはほぼ確実に筋肉痛になります。

ただし、毎日筋トレしてしまってはダメです。前述の通り、破壊された筋肉の修復には48~72時間かかるため、この修復期間中に筋トレをやってしまうと、修復される前にさらに筋肉の組織を破壊する事になるため、逆効果になってしまいます。

毎日何十回もやる必要はありません。週2回、1日数回×2~3セットだけでもかなりの効果が期待できます。また、筋トレはきちんとしたフォームで実施する事も効果を上げる上で大事なので、まずは自分でいろいろと調べてみてから実践してみてください。

ちなみに筋トレするならスポーツジムに通うのが一番です。たくさんの器具が置いてあるので、飽きずにトレーニングが進みます。また、筋トレに疲れたらランニングマシンで有酸素運動もできるのも利点です。

いま私はランニングダイエットに取り組んでいる最中で、6カ月続いています。これもジムに週3で通っているおかげです。